2015年03月10日

INFOBARを忘れない

infobarA03auからINFOBAR A03(写真)が発売になりました。何とも言えない寂しさを感じながらも、INFOBARのことは書かずにはおけません。

何でしょうね、この感覚。昔好きだった女の子が変わってしまった感じというか。

あの頃の君は素敵だったし、僕はそれはいい思い出にしておきたいんだ。君の樹脂でソリッドな塗装が好きだったのに。今度のアルミボディは君らしくない。

きっとiPhoneではなく、君がスマートフォンになった時から使い続けていれば、新しくなった君との生活も2人の新たなステージとして喜びをもって迎えられたのかもしれないね。スマートフォンとしての便利さはiPhoneが抜きんでていたからね。

スペック面での差別化が難しくなったので、プロダクトデザインに回帰したらしいんだけど、それはC01の時にやりとげたでしょう。もう無理しなくていいよ。僕は君を忘れないから。

keitai_massugu at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2015年03月08日

ガラケーでもいいよね

New Sphereの「世界に逆行、日本のガラケー人気」という記事を読んだ。

スマホの高額で搾取的なデータ使用料がその最たる理由であるという。
また利便性、レトロ感を挙げる人もいる。利便性、レトロ感ならストレートでしょがね!と思うのだが、各キャリアから発売されているガラケーは二つ折りばかり。スマホを必要としていない年配の人口が多いのも日本のガラケー率の高さの要因ではという分析もあるので、画面やボタンが大きく、文字が見やすい二つ折りになってしまうのも無理はないか。

2つ折りが世に出始めた時、飛びついたのは若者だった。“パカパカ”という通称で、会議中に無駄にボールペンのノックを繰り返すおっさんのように、暇を持て余している時にパカパカと無駄に開け閉めしていた。それがいまや二つ折りは年配者の象徴。メールをするとなれば、おもむろに携帯を取り出し、開く。目を細めながらボタンを押す。その際、片方ので携帯を保持し、もう片方の手でボタンを押す。そんな光景が目に浮かぶ。

keitai_massugu at 13:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2012年01月21日

旧号急に

talby
このブログもストレートが出た時だけが更新のタイミングで、かと思えば新機種出てるのに1年以上も放置してみたり、気の赴くままに細々と続けてきましたが、なぜか昨日のアクセス数が959。へ?故障か?

そもそもこのブログを始めたきっかけが何なのかすら思い出せないが、ブログの一番古い記事を見ると、当時使っていたtalby(写真)が故障し、新しいストレート携帯に変えようとしたが、talby発売から1年以上経つのにストレート機が発売されていなかったことが書いてある。当時の温度は、2006年3月12日の記事「2代目talby死す。」をご覧ください。

ブログを始めるにあたり、名前をつけることに。親愛なるトウギョウさんにならって敬愛する土方歳三の号、豊玉からホウギョクとしました。親愛なる"tougyou"さんと"hougyoku"は2文字しか違わないので、我ながら悦に入ったものだ。

前から考えてはいたのだが、見たこともない数字を見たので今日から切り替え。これからはオウアンを号とします。

keitai_massugu at 01:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 | 回顧録

クラシック

CinfobarauからINFOBAR C01(写真)が発表されました。

これだよこれ。A01の時にこれを出さなかったのがそもそも失敗。デザイナーとしては過去の大ヒットをいつまでも要求されることはツラいのかもしれないけれどそれだけINFOBARのデザインは完成されていたということです。

INFOBAR C01の"C"は"Classic"だそうですが、まさにINFOBARは古典。これぞ王道。その流れでtalbyも復活させてくれればいいのに。

ただ、クラシックな外観に最新の機能が搭載されていることが、auの顔であるINFOBARに求められることであると思うのですが、現在発表のスペックではWiMAXに対応してないとのこと。至極残念です。

デザインもさることながら、テンキーに戻したことで、メール入力の使い勝手がタッチキーより各段によくなることが保証されます。しかし、なぜクリアキーもボタンではないんだ?開発者の人ってそんなにクリアを押すことが少ないのかな?モニター調査とかするんだよな。僕は結構メールを打つ際、クリアを押すことが多い(打ち間違いより推敲が多い)のですが、みんなはそうでもないのかな。

というわけで、今回のINFOBAR C01はスマートフォンに変えたい、興味がある人、幅が細いので女性の方にはおススメです。女子がこれ持ってたら恋してしまいますね。

keitai_massugu at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2011年11月01日

タブー

socius2タブレット型スマートフォン:GALAXY Tab SC-01Cで電話してる人を見た。あぁいう人にこそsociusを持ってほしいい。私もiPad3の3Gがauでも使えるようになれば、auにまた戻して、sociusを買います。金色はちょっと悪趣味ですね。カスタムベースとして蒔絵風に仕上げるならいいですけど。普通、赤、青、黒、白と来たら、シルバーかパステルカラーでしょ。でもまぁ好きな人は好きですもんね。

keitai_massugu at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2011年10月27日

久々に

socius
 すっかりスマートフォン時代になり、ここで書きたい製品も出ないまますっかり放置しておりました。
かくいう私も今やフリック入力をしております。

久々に書く気になったのはWILLCOMのSOCIUS(写真)。もはやWILLCOMしかストレートのモバイル電話を出してくれません。auのサイトには「製品を形から選ぶ」(回転、スライド、リボルバー、折りたたみ、ストレート)という機能がありますが、ストレートで出てくるのはスマートフォンばかり。唯一のストレート機種は、2008年9月25日発売のW63K。3年も前の機種です。まぁ、私はそれを使っているわけなんですが。

そういえば、W63Kに機種変更した話すら書いてなかったですね。まぁその話はまた気が向いたら書くとして、本題に。前置きが長くなりました。

WILLCOMのSOCIUS(ソキウス)は、スマートフォンとBluetoothで接続し、スマートフォンにかかってきた電話をSOCIUSで受けられる、というのが最大の特徴です。言い換えるならば、ケイタイにかかってきた電話をPHSで受けられるということです。発信するときは、ケイタイ(docomo・softbank・au)の回線を使うのかPHS(WILLCOM)の回線を使うのか選べるということです。

スマートフォンの、ポケットなどから取り出しにくい、液晶に顔の脂がつく、持ちにくい、などといった通話時の欠点を解消できるとのこと。つまりですね、SOCIUSのコンセプトは、携帯電話の携帯する電話という本質を突き詰めると、ストレート携帯が最も機能的に優れたデザインであるということの証明なのではないでしょうか。

keitai_massugu at 02:12|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年08月13日

猫も杓子も

iphone4_01
iphone4(写真)にしてみた。auにナンバーポータビリティの手続きをしに行ったら移動先のキャリアと理由を聞かれたので,「auがストレート携帯を出さないからsoftbankでiphone4を使います」と答えてみた。
店員の返答は「iphoneにするならsoftbankにする価値ありますね」完敗宣言ですか。
iidaこそストレートを作るべきだと強く主張しておきました。

 iphoneは,auより電波が弱い。覚悟はしていたけれども。小豆島への旅行の間,ずっと圏外の表示。ホテルの人は「softbankはこの辺りは通話可能ですよ」と言っていたけれど。どうなんだろう。

 それからどうも文字の入力が慣れなくていけませんな。押したか押してないか分からないし、キーとキーの境目が触ってわからないというのは結構不便です。電話とメールだけで十分な人にはおすすめしませんね。ただネットをするのには至極便利でございます。猫も杓子もの語源でも調べてみよう。

keitai_massugu at 22:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年08月11日

企業戦士に

e05sh_01s
 機種変更のしどきを迎えたINFOBAR2の後継機を,そろそろ本気で考え始める。

 私の場合,機種変更のタイミングは,2年以上使用して,新たなストレート形携帯が出たら,というのが基本。だいたい発売のタイミングが合わず,3年くらいになるが。

 そのため,往々にして周囲の機能についていけていない時期が長い。赤外線通信の輪に入れなかったことも数知れず。INFOBAR2はFeliCa対応だがFeliCaブームというかお財布ケータイブームに乗り遅れたので使う習慣がなく,何の設定もしていない。

 この夏もストレートを出さなかったauの最も新しいストレート機は2009年4月28日発売のE05SH(写真)

 防水機能,衝撃緩和。プロテクターを装備したその姿は,まさに無骨。

 PHSカードや無線LANカードが装着でき,社内では内線として使用。指紋認証や、遠隔オートロック、遠隔データ消去などのセキュリティ対策にも配慮。その他Windowsのアプリや名刺リーダーで活字が読み取れるなどビジネスケータイの名の通りの機能が満載。法人向けですが,個人でも買えるようです。

 製品サイトのデザイン紹介では,「ビジネスに適したストレート形状」と書かれているが,これはやはり,ビジネスマンの携帯は内ポケットに,ってことですか。

keitai_massugu at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年07月19日

大人の・・・

color01
 ストレートの扱いがぞんざいな携帯3社に比べ,ストレートが中心のWILLCOMからPremium Bar(写真)が発表されました。簡単にいうとBAUMの新色ってとこですかね。

ミラー仕上げのテンキーや、上品な2トーンカラーのストライプがさりげない大人の遊び心を演出するそうです。(メーカーサイトより)

5色展開で,ゴールド、プレミアムピンク、ネイビーは7月15日発売。シャインホワイト、グリーンは7月24日発売です。

抹茶のお菓子好きな私としては,グリーンの色味がめちゃくちゃ美味しそうで堪りません。

keitai_massugu at 18:20|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年05月20日

ドコモをお使いのみなさん

l-04b_bw01_s
お待たせしました!2008年1月のD705iμ以来、約2年半ぶりにドコモにストレートが帰ってきます!

 電池の持ちが悪くなり、ウェブの接続は遅く、お使いの端末には対応していないと言われ、外装は傷だらけ。カメラの画像は荒く、まだそんなの使っているのと哀れみにも似た声に耐えながらストレート携帯を使い続けてきたみなさん、そしてそんな生活に耐え切れず、スライドや折りたたみに変えてしまったみなさん、L-04B(写真)に変え、再びストレートユーザーであることを誇りましょう。

 L-04Bは、英拠点のデザイングループ「CONRAN」デザインによるLGエレクトロニクス製。もうストレートを作ってくれるのは海外ばっかりですね。まぁ、ストレートと言っても横から見るとちょっと「く」の字型に折り曲がっています。その角度176°なり。発信ボタンなどの受話器のデザインもくの字です。このくの字、通話の際などの持ちやすさとヒップポケットでも体にフィットしやすいようにとのねらいだそうです。胸ポケットに入れた場合には逆に邪魔になる気が。

 カラーはレッド、ブラック、ブラウンの3色。私のおすすめは写真のブラウンですね。

 店頭売価は3万円前後となる見込み。気になる発売時期ですが、6月〜7月発売予定とのこと。今しばらく耐え忍びくだされ。

keitai_massugu at 21:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年04月05日

男性もどき

HTC_desire_s
 iPhoneよりもXPERIAよりもほんのちょっとだけ小さく持ちやすいスマートフォン現在予約受付中であります。ソフトバンクのHTC Desire(X06HT)(写真)。4月下旬以降に発売とのこと。

 Android 2.1を採用し、サイズは60×119×11.9(mm)、重さ135gです。

 最近ようやくAndroid(アンドロイド)がOSの名前だってことがわかりました。一時、グーグルフォンって言葉も聞くことがあり、何がなんだかよくわかりませんでした。

 ざっくり言うとMicrosoft − Windows Mobile、Google − Androidでいいのかな。正確にはGoogleが中心となって設立したOHA(オープン・ハンドセット・アライアンス)って団体がAndroidを作ってるってことになるんですかね。

 この「アンドロイド」って言葉は、ギリシャ語で「男性」を意味する andro と、「もどき」を意味する oid(接尾語)の合成語なんですって。「人間もどき」は「ヒューマノイド」になるそうです。

keitai_massugu at 19:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年04月02日

おっきい

iPhone-XPERIA
 XPERIAは予約だけで5万台というフィーバーのようですが、iPhoneの牙城を崩せるでしょうか。新型iPhoneはiPadが発売されてからということになるような雰囲気だそうです。

 しかし、スマートフォンって大きくないですか?もっぱら通話とメールにしか携帯電話を使用しない私としては、どうにも幅が広すぎると思うのです。手を広げると親指の先から小指の先までだいたい20cmの私ですらそうなのだから、女子はもっと大変なのでは。

 そこで、今回はiPhoneとXPERIAどちらが持ちやすいかを調査してみました。まずカタログの数値ですが、iPhoneは62.1×115.5×12.3(mm)、135g、XPERIAは63×119×13.1(mm)、139gとなっています。ちょっとXPERIAの方が大きいですね。
 次に形状。写真左がXPERIA、右がiPhoneです。XPERIAは上から見ると舟形のようで、ディスプレイ側は縁が角張っています。これに対しiPhoneはディスプレイ側の角も丸くなっており、より持ちやすいと感じました。店員さんによると、ポケットの中に入れたときにもXPERIAの方が"存在感がある"そうです。

keitai_massugu at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年04月01日

あなたは何を頼みますか

アセントティーアイ  
 XPERIA発売が夕方のニュースでも取り上げられていましたが、本日4月1日より、Vertuが、VERTU利用者への会員制サービス「VERTU Club」(月額5万2500円または年額57万7500円)を1年間無料で利用できる「VERTU Club ウェルカムプラン」を開始しました。

 このプランは、今月から新規でVERTU端末を購入した人に300分相当の国内無料通話をはじめ、「VERTU コンシェルジュ」「VERTU Club メール」「VERTU ウェブ」などのサービスを1年間無料で提供するものです。2011年3月31日以降のウェルカムプラン終了後は、VERTU Clubか、通話と通信に絞ったプランかが選択可能になる予定とのこと。

 このVERTU コンシェルジュっていうのがものすごいったらありゃしない。docomoのコンシェルジュ機能はヴァーチャル執事(ヒツジ)が色々教えてくれるだけですが、こちらは実際に人間(ライフスタイルマネージャー)がリクエストに答えてくれます。

 VERTU端末の専用コンシェルジュキーを押すと、ライフスタイルマネージャーに直接つながり、日本語または英語で24時間365日利用できます。

例えば、「これからパリに出張するので、到着後にパリ市内の日本食レストランで食事をしたい」とリクエストすると、ライフスタイルマネージャーがレストランを探しておいてくれます。他にも「来週、上海で取引先とのミーティングがあるので、羽田発のプライベートジェットを用意できないか」「結婚記念日にジュエリーが好きな妻のために数時間店を借りきって、好きなものを選ばせたい」「取引先の外国人社長が相撲好きと聞いたので、ぜひ千秋楽の桟敷席を手配してほしい」「新型のプレミアム・カーを発表前に試乗したい。」などといった要望も応えてくれるそう。このVertu コンシェルジュ、米国、ヨーロッパ、アジアで利用可能です。

 ただし、レストランでの食事代や桟敷席などかかった費用は別途払う必要があります。そして何より、VERTUの端末、最もお手ごろ価格のASCENT TI(アセントティーアイ)(写真)、67万円でございます。

 Nokiaのプレスリリースには、「Vertuを購入することは長期的な投資」とありますがね。

keitai_massugu at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年03月27日

にせんまんえん

VERTU_DAIGO Nokia傘下のVertu(ヴァーチュ)が、VERTU銀座フラッグシップストア開店1周年を記念して制作された「シグネチャー吉祥」を発表しました。

このモデルは蒔絵の人間国宝(重要無形文化財保持者)室瀬和美氏とのコラボレーションで何と1台2000万円!

このコレクションは、四季をイメージしており、春の「醍醐(桜)」(写真)、夏の「錦光」、秋の「菊水」、冬の「南天」の4つのデザインがあります。それぞれ1点だけの販売。制作には2年もかかったそうです。

こんなん落っことしたらと思うと、青ざめますね。

keitai_massugu at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2010年03月18日

X day

xperia ドコモのストレートユーザーの選択肢はスマートフォンしかないのか、という話をしておりましたが、4月1日にXperia(エクスペリア)(写真)が発売されることに。

 こちらソニーエリクソン製で型番はSO-01Bとなります。ソニーエリクソン製品は2008年6月発売のSO906i以来となり、ストレートユーザーのみならず、ソニエリファンにとっても心待ちにしていた1台ではないでしょうか。

 ディスプレイはiPhone3G Sよりも大きく4インチ。またディスプレイやカメラはiPhoneよりも高精細です。ただ、iPhoneよりもちょっと大きく、約119×63×13(mm)、139gということです。

keitai_massugu at 22:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2009年12月31日

オレンジ

orange_BAUM
 かつてみかんの産地にて暮らしていた頃、私、一シーズンに30キロものみかんを食らって手足が黄色になり、黄疸かと心配した親に病院に連れて行かれるという事件を引き起こしました。

 思い起こせばそれぐらいの歳からオレンジ色がなぜか好きになってきたんですよね。今年の春にビックカメラの携帯電話コーナーで量販店限定のオレンジ色のHONEY BEE 2を見かけた時には小躍りするほどテンションが上がったものです。しかしながら、色以外も考えればBAUMの方が気になっちゃう感じでしたね。ところが、11月の20日からBAUMも量販店限定のオレンジカラー(写真)が発売になっているのであります。

 後々ウィルコムを使うときがきてもいいように、とりあえず買っちゃおうかなと思うくらい。オレンジ好きなら買うっきゃないです。ビックカメラとベスト電器限定販売です。

keitai_massugu at 04:54|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ストレート携帯 

2009年12月15日

我慢ガマン

sa_731sc02s
 ご無沙汰しておりました。丸々1年ぶりの更新となりますが、その間にもストレート携帯の火は消えることなく新機種が出ております。私の注目はやはりWILLCOMなわけですが、まだ所持するには心もとない電波状況の辺りで、暮らし、働いております。

 そんなこんなでINFOBAR2を使い始めて、2年が経過し、契約解除料のかからない更新月がやってきたので、Softbankに乗り換えようと思い立つ。狙いはSamsung電子製の「731SC」(写真)シャンパンゴールド。

 本当は2月に発売予定のNEC製の防水ストレートが良いのだけど、契約解除料払うのは嫌だしな、といくつかの選択肢を考える。

1)以前使用していたNOKIAの705NKを持ち込み乗り換え、
その後NECに機種変更。
2)731SCに乗り換え、その後、月賦の残額を払い、NECに機種変更。
3)731SCに乗り換え、2年使う。
4)2月まで待って契約解除料を払い、NECに乗り換え。

 現在のauと契約しているフルサポートプランは2年が経てば、その後はいつ契約解除しても解除料は必要ないということがわかり、3)をチョイス。

 ちなみに近隣のソフトバンクショップを十軒近くあたったが、どこもシャンパンゴールドは在庫切れで取り寄せになるとのこと。3月6日発売なので無理もないか。731SCは表示言語が5カ国語なのだが、日本語、韓国語、中国語、英語ときてポルトガル語なのが興味深い。

keitai_massugu at 21:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ストレート携帯 

2008年12月15日

撤退!

2f7d53ae.jpg Nokiaが日本市場から撤退を発表。世界的な不況の影響で携帯電話の買い替え需要が冷え込んだことと、日本市場で思うような成果が得られなかったことによるらしい。確かに海外製の携帯を使っている人は少なかったからな。そのわずかな人たちも最近ではiPhone一辺倒だもんな。

 それに伴って、12月発売予定だった、ソフトバンクモバイル「Nokia E71」(写真)、NTTドコモ「Nokia E71」の発売中止がそれぞれ決定された。ストレートユーザーにとって心強い味方だったNokiaの日本撤退に哀悼の意を寄せる。

keitai_massugu at 01:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)ストレート携帯 

2008年11月17日

日本無線製

f230226f.jpg iPhone旋風吹き荒れる中、マックユーザーではない僕はどこ吹く風顔で、過ごしているうちに、全キャリアから秋冬モデルが発表。タッチパネルタイプの機種が多いところにiPhoneの影響が見て取れます。しかし、それよりも、「あいふぉん」と入力し、変換したら「iPhone」が出ちゃったことにiPhone旋風のすさまじさを実感。ATOKお前もか。

 私の注目はウィルコムのWX330J(写真)。カラーはホワイトとブラウンの2色。ついにストレートの防水携帯が。auのGショック携帯をオークションで落札したものの、方式の違いからメールアドレスが変わると言われ、結局使わずじまいだった2006年の5月・・・日本無線さんありがとう。「お前の携帯どこの?」と聞かれ「日本無線だよ」と答える光景を想像しただけでわくわくしますね。



keitai_massugu at 21:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ストレート携帯 

2008年06月24日

スポォゥルティオ!!

458aa420.jpg 52×93×13.7mmですがスライドさせません。「au Smart Sports」サービスをを存分に楽しんでいただくために。ランニングやサイクリング時にも身につけてもらおうと、addidas製のアームポーチも紹介されている。この時に2つ折り携帯じゃいけないわけですよ。走りながらでも、操作できる、画面が見えるためにはストレートであるべきなのです。

 東芝から発売されたSportio(写真)の売りは何と言ってもやはり、「カロリーカウンター」だろう。モーションセンサーを新たに内蔵し、持ち歩くだけで、移動距離や消費カロリーを測定してくれるらしい。
 
 従来からの「Run&Walk」アプリももちろん搭載。こちらはGPSによる移動距離と経過時間から移動ペースや消費カロリーを計測する。

 これらの機能と連動させ、流れてくる音楽に合わせてリズムよくステップを踏むとだんだん音楽が盛り上がっていく「BEAT RUN」、アプリ内仮想トレーナーがアドバイスをくれる「パーソナルトレーナー」などの新サービス、新機能も利用できる。

 ストレート携帯使いが気になる、誤動作防止装置は、・・・本体側面のスライドキー採用です。全5色展開。迷いますね。

keitai_massugu at 19:31|PermalinkComments(3)TrackBack(0)ストレート携帯